Stamp
Awake
切手買取で高額査定してもらえる稀少性のある切手
切手買取サービスを利用して高額査定をしてもらうには、その切手に稀少性があるか否かが大きなポイントになってきます。稀少性の高い切手の代表としてエラー切手が挙げられます。コレクターの中で大変人気があり、たった1枚で何百万円という驚きの価格で取引されることもあるほどです。もしお持ちのコレクションの中にエラー切手があるのなら、切手買取を専門にする業者に査定してもらうといいでしょう。そもそもエラー切手とは、切手の印刷中になにかしらのトラブルで色が抜けてしまったり、印刷がずれてしまったものをいいます。中には逆刷といって、印刷時に専用紙を印刷機に逆向きにセットしてしまったせいで、デザインが逆さまになってしまった切手もあります。本来、発行時に除外されるものなので、流通することはありません。しかし機械の誤作動などで点検の目をすり抜けて、偶然市場に出てしまったものと考えられます。定常変種として、切手の中でもプレミア扱いされています。